メール配信の効果

情報入手手段の変化とメール配信

あらゆる情報源の中核がネット上へ移行を続けて久しい今日、なんらかの情報を得る、あるいは確認する際に私たちが行う作業も、以前とは大きく変化しています。一昔前であれば専門書を開く、有識者に訪ねるなどの行動が必要でしたが、今日ではネット検索を通じ、手元の画面に該当する情報を導き出すことが可能です。大幅に時間と労力を短縮できるメリットで、一気に普及から定着しているのは周知の通りです。

一方で個人情報保護に関する意識の高まりや、ペーパーレス化が仮想度を増す中、要不要に関わらず、私たちの手元に、いながらにして色々な情報が届かなくなっているのも事実です。訪問販売は姿を消し、ダイレクトメールも激減する中、自身の意思でネット環境に接続から、欲する特定のジャンルに関する情報だけを閲覧する生活習慣の中、想定外の耳より情報に遭遇できるチャンスを失っています。こうした状況下、熱い視線が注がれているのがメール配信です。

受診者にとって有益な情報を提供するメリット

自身が管理する通信機能にメールが着信すれば、誰もが条件反射的に発信者とそのタイトルを確認します。怪しいと直感した着信に関しては、その場で借所から受信拒否が一般的な対応ですが、偶然欲していたジャンルの情報が届いた場合、そのメリットは発信者と受信者双方にとって小さくありません。例えるなら飛び込み営業で高額商談が円満に成立する、通りすがりに探し続けていた商品と出会ったような、大きな成果につながる展開が期待されるのも、メール配信ならではの可能性です。

また登録制で受信希望者に有益と思われる情報を確実に閲覧いただき、発信者側の収益につなげるメール配信は、既にさまざまなジャンルでその成果が確認されています。ダイレクトメールと比較しても格段にコストカットが可能なだけでなく、リンク機能を盛り込んだ文面を活用することで、より豊富な情報を届けることも可能です。