メール配信の料金

オンプレミス型の特徴と費用の相場

一口にメール配信と言ってもいくつかの種類に分かれていて、配信方法によって特徴や料金が大きく異なります。いくつかある配信方法の中でも比較的利用者が多いのオンプレミス型と呼ばれる物です。こちらはサーバーを始めとした必要な設備を自社で購入して運用するメール配信で、自社管理による高いセキュリティ対策が特徴になります。ただし、オンプレミス型は導入をする上で掛かるコストが高さや、運用をスタートさせるまでに若干時間が掛かってしまうので注意が必要です。
気になる費用は、導入コストに数千円から数万円、ライセンスの取得に150~500万円程度となっています。使い方によっては定期メンテナンス、システムのアップデートなどで別途費用が必要です。

クラウド型メール配信の料金

オンプレミス型と並んで人気となっている配信方法がクラウド型です。クラウド型の大きな特徴として挙げられるのがコストを抑えた運用の実現になります。利用する機能を限定的な物にすることで初期費用が発生せずに運用ができるケースも少なくありません。できる限り費用を抑えたいという企業にとってこの点は大きなメリットと言えます。
運用に当たって発生する月額費用を定額と従来課金の2種類から選ぶ事ができるのもクラウド型ならではの特徴です。定額制が文字通り月々の支払額が変わらない仕組みとなっていることで経費の計算がしやすという利点があります。数百円から数万円と幅広い料金から選べるのも魅力です。

一方、月々のメール配信の数が決まっていない場合にお得となるのが従量課金制になります。こちらは使った分だけ費用を支払う形となるので運用のコストを最小限に抑えられるのが特徴です。

メール配信のサービスは、いかに読者に興味を持ってもらい、続けられるかが重要です。自分の主観だけではなく、客観的な意見も取り入れ、様々な角度からの情報を配信するよう心がけましょう。